食・料理  私の自慢料理   渡邊 範男

                                                                          


私の自慢料理  

ランニング・エッグ=日本名 かけ卵ごはん
  

    
 原作田中達也さん 脚色渡邊範男の自慢料理であります。 
あの美食家、北大路魯山人曰く「この世で最もうまい、究極の料理はかけ卵ごはん」
と評してます。
かけ卵ごはんについては、古今東西諸説多数ありますが、定説を覆す画期的な料理法を
ご披露致します。

料理手順は 
①ご飯の上をくぼみ、もしくは平らにする 
②ここが最大のミソ(味噌ではありません)! 最初に適量の
醤油を白いご飯に注ぐ 
③そこに卵を落し、ソーっと割り込ませる 
④少しずつ黄身を崩しながら食するのであります。 
まことに卵の味わい、醤油がしみ込んだご飯、絶妙な味が楽しめる。
これこそ「グルメ」なのであります。是非、お試しください。
 
かけ卵ごはんにつきましての紹介文の極みつけは、我らが落語家・人間国宝 
柳家小三治師匠が一席! 「ま・く・ら」(講談社文庫に収録)に、余すことなく
語った熱い名調子があります。是非、ご一読お奨めします。
「かけ卵ご飯」の噺だけに
「生」を聴きに是非、寄席にお出掛け下さい。

附録-1
NHK総合テレビ首都圏放送の番組の月~金放送「ひるまえ ほっと」
11時30分頃放映の「かんたんご飯」の テーマソングの作詞 作曲 演奏
僅か6秒の作品ですが・・  ↓     
なんと=
桧山 うめ吉さん!!!  本人から発表ありました。

★附録-2
おいしいご飯の炊き方をご紹介します。研いたお米は水に浸したまま
冷蔵庫で一晩冷やしておくと、ご飯の甘みが増します。
時間がない時は、お米と一緒に氷を入れて炊くとおいしいご飯になります。
どうぞお試しを。  

★附録-3
かけ卵ごはんと双璧の卵料理の目玉焼!
この料理の食べ方の記述が、伊丹十三  「女たちよ!」(新潮文庫収録 
目玉焼の正しい食べ方)に。必読であります

 



① ご飯の上をくぼみ、もしくは平らにする
          



最初に適量の醤油を白いご飯に注ぐ 
        


そこに卵を落し、ソーっと割り込ませる



④ 少しずつ黄身を崩しながら食するのであります。
        

 

まことに卵の味わい、醤油がしみ込んだご飯、絶妙な味が楽しめる。